エアロスーツデビュー

晴れ

クロススーツを冬場のロードレースで活用する

今回は今までにない試みともいえるイベントに参加したレポートだ。『Tokyo Wonder Race(東京ワンダーレース)』と題したこのイベントは東京近郊のサイクリストにスポットを当て、東京近郊の、特に多摩地域を中心に展開していく自転車レースイベントだ。

初回は「東京バンクス」~立川ステージ~。都心からアクセスしやすい立川競輪場が会場に。普段は競輪が行われているバンクコースをロードバイクで走ることができるのだ。試走時には事前に走行方法について講習を受けることもできるのでバンク初体験のビギナーも安心だ。






 

街中に位置する立川競輪場をロードバイクで走ることができる

エアロスーツデビュー

ウエイブワンテストチームより今回もスタッフ1名と、ウエイブワンがウエアサポートする『ちゃりん娘』に所属する太郎田水桜さんが参加。さらにオーダーウエアをご愛用いただいてるユーザーチーム「BUENER」より1名の方も出場した。

    


 

エアロスーツが多サイズの理由

今回のイベントは、今季リリースした「エアロスーツ」を実際に着用する絶好のシチュエーションとなった。男性スタッフが着用するのはMt(エムトール)サイズ。通常のMサイズよりトップス部分(前身と後ろ身パーツ)が長めになっている仕様である。通常仕様とトール仕様では体型によりフィット感が大きく変わるので、オーダー時サイズを選考する際は必ず事前の試着を薦めたい。

直立時、通常サイズより余裕のあるトールサイズ(左photo:Makoto.AYANO) 前傾時よりフィットする(右)

『ちゃりん娘』太郎田水桜さんは36サイズをチョイス。36サイズは女性サイズ表記で男性サイズ表記のSサイズに該当するが、実は女性サイズと男性サイズは同じパターンで、異なる部分はパッドの違いだけだ。 オプションで選択できるオリンピックパッド(税別1,000円/着)以外のパッドをウエブオーダーシステム上で女性サイズ(34、34t、36、36t、38、38t、40、40t、42、42t)を選択した場合、女性用パッドが装着される。
対して、男性サイズ(XS、XSt、S、St、M、Mt、L、Lt、XL、XLt)を選択すれば、男性用パッドが選択される仕組みだ。メンバーが男女混在しているチームがオーダーする場合、サイズとパッドの組み合わせに注意して確認する必要があるだろう。


 

『ちゃりん娘』太郎田水桜さんは試着を経て36サイズを選択した

東京ワンダーレースを堪能

並み居る大人ライダーの中で入賞する活躍を見せた『ちゃりん娘』太郎田水桜さん

立川競輪場のオーバルコースにまぶしく感じるほど太陽光の反射光が強く照りつける。 まずはタイムトライアルレース「200mロケット」が始まった。さらに6名が発走し勝ち抜きで争う「600m速度競争」や「1000mタイムトライアル」、「サバイバルレース」といった個人参加型のカテゴリーがトーナメント形式で次々と行われる。そして、4名1組構成のチームで参加する「チーム2000mタイムトライアル」「チーム4000mタイムトライアル」がチーム戦ということもあり、コースを力走するチームメイト鼓舞すべく声援にも熱を帯び会場は大いに盛り上がった。特に小学生が参加する「キッズクラス」では、先導員を今にも抜かんばかりにペダルをまわす豪脚キッズライダーから、最後尾でまぶしい笑顔をはじげさせながらマイペースを保ち、観客を朗らかな気持ちにさせてくれるキッズライダーに暖かい拍手が送られた。まさに会場は”自転車版運動会”といった和やかな雰囲気に終始包まれていた印象だ。


 

バックポケットに補給食を備えることができたオーバルコースレースで好リザルトをもたらしたウエイブワンのエアロスーツ

楽しい雰囲気を併せ持ちながら、勝ち抜き形式のレースイベントは決勝に向かうほど程良い緊張感に包まれていく。ウエイブワンが開発したエアロスーツは、極限までストレスを軽減することに注視したレジェフィットプロ半袖ジャージにも使用されているハイスペック生地素材「レジェスキン」を採用している。着用前、タイトすぎる印象のあるコンパクトなシルエットも、乗車時にベストのエアロ形状にストレッチし体にフィットするのが「レジェスキン」の大きな特徴の一つだ。一挙一動を問われるシリアスなトラック競技シーンにおいて、着用者にスムーズなペダリングを促す効果を発揮する。

普段、ジャージはレジェフィットシリーズを着用することが多いウエイブワンテストチームの面々は、今回初めてエアロスーツを体感することになった。上下一体のワンピースタイプのため、トップスとパンツが別々のウエアを着用した時とではエアロ効果に大きな差が生じる。比較するため序盤のレースではあえてセパレートのウエアを着用し、途中からエアロスーツに切り替えた。タイムトライアルレースに特化している仕様の恩恵を受ける事により、勝ち抜くほどレベルの上がるステージで好走したウエイブワンテストチームはいくつかのカテゴリーで入賞することができた。

様々な競技に最適なウエアが存在する事は、タイムトライアル競技やシクロクロス競技にとっても例外ではない。競技ごとに特化したウエアを着用することは、シーンに合った快適なライドに繋がる。ぜひ自チームのデザインをあしらったオーダーウエアで、サイクルスポーツの枠を更に拡げてもらいたい。

東京ワンダーレース走行動画を公開

バイク前面にマウントしたカメラで撮影したレースムービーを公開。迫力の先着争いを乗車視線で体感して欲しい。TT競技に興味のあるライダーにはぜひ見てもらいたい。

 

今回のテストで開発された商品

WAVE ONE SHOP ORIGINALクロススーツ

タイムトライアルやトラック競技に最適化したエアロ効果を発揮するボディスーツ

ソフトなタッチと優れたストレッチ性を発揮する素材「レジェスキン」を使用し、走りのために一切の無駄をそぎ落としたカッティングを採用。
袖と裾はストレスなく体に密着するカットオフ仕様を採用し、究極のフィット感を実現。
深い前傾姿勢でも首回りのストレスがない、襟なし仕様。
前傾姿勢を基本としていますが、高さ方向に余裕を持たせたトールサイズもご用意しています。

他のレポート